原稿21-1

「楽しい」は長続きの最大の秘訣! 好き・得意を副業にするための適性チェック【クラウドソーシング編】

 原稿21

自己管理ができて、自分ができることをアピールするのが上手な人向きの仕組みです。

副業を始めたいけれど、数ある副業の中から、
どれを選んだらよいのかわからない、という人も多いと思います。
副業とひとことでいっても、仕事の難易度もさまざま。収入もピンキリです。
せっかくはじめても長続きしなかったり、
苦痛だったりしては残念な結果になってしまいます。

この企画では、あなたの好きな事、得意な事を副業に選んで長続きさせるために、
それぞれの副業についてその内容や適性について紹介します。
今回は「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングって何?

副業をはじめようと思って、いろいろチェックし始めると
よく耳にするのが「クラウドソーシング」とう言葉。
いったいどんな仕事なのでしょうか。
実は「クラウドソーシング」は、仕事・職種の名称ではなく、
働き方や仕組みを指す言葉なのです。
インターネット上で、企業が外注したい仕事を検索して応募。
発注を受けたものをこなし、納品するというのが
「クラウドソーシング」です。
企業と求職者が、お互いに検索できる専門サイトがありますので、
そこで仕事を探すことになります。

「クラウドソーシング」で募集される仕事は多種多様

サイトを見ると、初心者でもできる簡単なものから、
プロフェッショナルな技術を必要とするものまで
仕事のバリエーションは豊富で、報酬もそれぞれ異なります。
自分に何かスキルがある場合は、
それを活かせる「クラウドソーシング」を選ぶとよいでしょう。

例えば、イラストが書ける、プログラミングできるなどのスキルがあれば、
誰でもできる作業よりも報酬は高く、効率よく稼ぐことができます。
スキルのない初心者でも、データ入力などでコツコツ稼ぐことはできますので、
自分に合った仕事を無理せず選ぶことが大切です。

どんな人が「クラウドソーシング」に向いているでしょうか

では、「クラウドソーシング」に向いているのはどんな人でしょうか?
「クラウドソーシング」で募集される仕事は、
一部通勤して行うものもありますが、多くが在宅での作業になります。
仕事のペースや配分を自分で管理でき、納期までに確実に納品できる、
自己管理力の高い人に向いています。
また、短期間に高額の報酬を得る仕事より、
コンスタントに安定した収入を得る報酬の方が多いので、
同じ仕事を長期的に受けられる人のほうが長続きするでしょう。

クラウドソーシングを始めるときの注意点

「クラウドソーシング」のサイトには、
驚くほど多くの仕事の依頼が掲載されています。
内容をよく確認して、本当に自分にできる内容なのか、
また、その報酬で納得できるのかを考えて応募する事が必要です。

内容的に不明な点があれば、臆せず質問して、
「経験があるからできる」「こういうふうにやるからできる」と、
しっかりアピールできる人のほうが、
安心して仕事をまかせてもらえるでしょう。
引っ込み思案の人には、企業はなかなか振り向いてくれないかもしれません。