在宅ワーク

副業体験談

【在宅ワーク体験談】得意なことがあるなら、ライターに挑戦してみては?

好きな時間にできて、確実に収入になるのが魅力です。

自分のブログを持っている方、趣味や専門分野を持っている方には、
ライターの仕事がおすすめです。
特に子育て中などで、外で仕事ができない方にはいいのでは?
私は、クラウドソーシングでライターを始めて、2年半になります。

最初は自信がなかったし、簡単なもののほうがいいなと思っていたので、
指定されたサイトを見て紹介文を書くような仕事をしてました。
500文字ぐらいの原稿を書いて、1本300円というかわいい仕事です。
月に20本ほど書いて、6000円でも助かると思っていました。
何しろ、家事と子どものめんどうをみるばかりの毎日で、
息が詰まっていたのです。日記みたいなブログを更新するのとは別に、
1日2時間ぐらいでも子どもを横目で見ながら仕事できたのは、
とてもありがたいことだったのです。

専門の分野や実績があると、単価が高い仕事がもらえる!

最初は、300円の仕事に1時間以上もかかっていたのですが(笑)、
慣れてくると書くのが速くなり、
もっと時給が高くなる仕事がしたいと欲も出てきました。
あるとき、「簡単に作れる料理レシピ」で500円という仕事があり、
今まで書いた原稿を付けて応募したら当選。
それからは、自分にできそうな仕事で、
1本あたりの金額が大きいものを探すようになりました。

「教育に関する原稿で、1本1000円。毎月30本書ける方を優遇」。
こんな募集をみて、今ならできるかもと思いました。
月に30000円というのは、とにかく魅力的です。
実は、このときは仕事をもらえなかったのですが、
職業に関することや教育などの分野は、
結構な金額の募集があることを知りました。
しばらくは実績を作ろうと考えて、安めでもいいからと原稿を書き、
ときどきサイトを見て情報収集をするようになりました。

そしてついに、教育関係のライティングで、見事に当選!
書くのはそれなりに大変なのですが、
この仕事も毎月20~30本の依頼があるので、安定収入です。
子どもがもう少し、手が離れるまでは、
私にとってライターは貴重な在宅ワークです。
大して得意なことも知っていることもなかったのに、
月に3~4万円が稼げるのですから、
専門分野や趣味がある方なら、もっといい収入になるでしょう。
外には出られないけど何らかの仕事がしたい、という方には、
ライターはうってつけの仕事だと思います。
(東京都 34歳/主婦)