原稿13-1

写真販売、ライター、司会、アクセサリー&グッズ販売 好きなコトを仕事にできる副業7

 原稿13

始めやすいのはライター、司会、作品販売。

「どうせなら、好きなことを在宅ワークや副業にできたら…」
と思う人は多いでしょう。
確かに、どんな仕事でもいいというわけではありませんよね。
在宅ワークや副業には、本当に多種多様な仕事がありますが、
せっかく働くなら苦でない仕事、できれば好きなことを仕事にできたら
こんなにうれしいことはありません。

そんなオイシイ話あるの?と思うかもしれませんが、結構あるんです。
そこで今回は、好きなコトを仕事にできる副業の一例をご紹介しますね。
あなたも「好きなコト」を副業にしませんか?

写真販売

写真を趣味にしている人にはうれしい副業です。
プロのカメラマンは、なかなか簡単になれるものではありませんが、
ストックフォトのサイトに登録して写真を販売するのであれば、
プロでなく趣味で写真をやっている人も気軽に始められます。

ただし、普段自分が好きで撮っている写真を登録して、
それが誰かに購入してもらえる可能性はごくわずか。
それだと忘れた頃に1枚売れた、などというレベルです。
コンスタントに多くの写真を売るには、どんな写真が求められているかを研究し、
ニーズの多い写真を撮影して登録することがポイントです。

ライター

文章を書くのが好きな人ならライターがおすすめです。
クラウドソーシングのサイトにも、
ライターの募集は驚くほどたくさんあります。
文字数の多いもの、少ないもの、誰にでもかけるもの、
何かの体験をした人のみが書けるものなど内容もさまざま。
同時に単価もピンキリなので、納得のいくものを選んで始めることが大切です。

司会業

中には司会業を副業にしてしまう人も。
もともと、何かと司会を頼まれることが多い人は、
さらに学校に通っスキルを磨き、
レベルアップをめざすといいかもしれません。
司会のお仕事は、週末にニーズが多いのも特徴。
イベントや結婚式などは土日や祝日が多いからです。
平日は本業が忙しい人も、副業として始めやすい仕事です。

講師

もし、あなたが何かの趣味をかなり勉強して、
高いレベルに達しているなら、
それを人に教えるという事を副業にしてはいかがでしょう?
料理でも、編み物でも、パソコンでも、
フラワーアレンジメントでも、ピアノでも。
そういった習い事は、やってみたいけど、
大きな教室に行くのをためらっている人も意外と多いものです。
口コミやネットでうまく広めて、
生徒さんを集められれば収入を増やすことも充分可能です。

ハンドメイド品の製作販売

あなたの趣味が、手芸やアクセサリー製作などのハンドメイドなら、
楽しく作った作品を販売するというのもよいでしょう。
ネットには、ハンドメイド作品を販売するサイトがいくつもあります。
初めから多くの収入は期待できず、イベント販売などをしようとすると
開催費もかかります。一方で、自分の作品が収入になる喜びや、
購入者とのつながりなどうれしいことも。
口コミで作品に人気が出れば、収入を増やせるでしょう。

古書等の販売

かつては古本屋の営業は店舗がないとできませんでしたが、
ネットでの販売なら、店舗がなくても始められます。
「Amazon」などでも古本を販売している業者は多数あり、
もちろん店舗を持たない人もいます。

ただし、在庫のスペースが多少は必要となり、
仕入れ値より高く売れなければ損失となるリスクはあります。
本に関する知識が豊富な人には向いている仕事です。

デザイン、グッズ販売

デザインなどの知識や経験がある人なら、
それを副業にするのもよいでしょう。
クラウドソーシングのサイトでも、シンボルマーク作成の仕事など、
デザインの能力を活かせるものもあります。
自分で作ったデザインでグッズを製作し、販売している人もいます。

こうしてみると、アイデア次第で好きなことを仕事にできることが
よくわかりますね。最初はさほど稼げなくてもいいと思えるなら、
低リスクな方法でトライしてみるのもいいのではないでしょうか。