在宅トラブル2

危ないサイトや勧誘にご用心! 在宅ワークのトラブル回避術

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_m

在宅ワーク詐欺を見極める力をつけよう

在宅ワークを始めようと思っているけれど、
その仕事怪しくないの?大丈夫なの?と不安になることもあると思います。
実際に、ネットで探した在宅ワークで詐欺に合ってしまい、
収入を得るどころか大金を失ってしまった・・・という事件もあるのが事実です。
そこで、今回は在宅ワークに応募する際に、
危ないサイトにひっかからないように、見極め方をお教えします。

大手が募集しているかどうか

まずは、仕事を募集しているサイトの会社名をチェックしましょう。
会社概要などのページから、よく聞く大手の会社が募集している求人ならば、
まず安心です。
逆にいえばそういった大手の募集は、
応募して採用になるかどうかが難しいところですが、
まず在宅ワーク詐欺ということは考えにくいので安心できます。
聞いたことがない会社の場合、次のチェックが必要です。

資料請求ボタンがあったらNG

サイト内に資料請求のボタンがあったら、
それはまず怪しいと思ってください。
資料請求をすると電話がかかってきて、
仕事をあっせんするがその前に登録費用や研修費用、教材費など
お金がかかるということが多いようです。
納得がいく説明がないのに資料請求をして、
個人情報を安易に漏らしてしまうこと自体がとても危険です。

企業としてのサイトがあるか?

在宅ワークの採用のサイトだけでなく、
企業としてのサイトがあるかどうかをチェックしてください。
きちんとした会社ならば、本業の方のサイトがあるはずです。
自社サイトの中に、募集サイトがあるほうがより一般的でしょう。
会社の事業内容がわかりやすい位置に書かれているかもチェックです。
在宅ワーク詐欺などの場合はわかりやすい位置に
事業内容をかけないことが多いからです。

仕事内容が細かくかかれているか

仕事の募集ページに、仕事の内容がわかりやすく詳細に
書かれているかをチェックしてください。
あいまいにぼかしてかかれている場合は要注意です。
信頼できる会社は、どんな目的で、
どのような内容の仕事を募集しているかわかるように
書いてあるはずです。

最後は検索してみる

最後に「会社名+仕事をしました」で検索してみましょう。
実際にその会社の仕事をした人の体験談が見つかれば安心です。
逆に悪い評判などが出てきたら要注意ですね。

仕事より先に費用が発生するのはNG

どんなに信用できそうでも、仕事をもらう前に、
こちらが支払う費用が発生する場合はやめた方が賢明です。
たとえ、支払い金額が2~3万円程度で、
1カ月で元が取れると言われてもやめておきましょう。
冷静に考えれば、一般企業が新入社員に
働く前にお金を要求するという事はありえません。
在宅ワークで、数万円稼ぐのは思ったより大変なことです。
上手い話には裏があると思って慎重になりましょう。