原稿2

適性チェック!在宅ワークに向いているのはこんな人!

 原稿17

自己管理ができて、ひとりが苦痛じゃない人にぴったり。

子育てが忙しい主婦や、事情があって外で働けない人のなかには、
もしやれるなら在宅でできる副業にチャレンジしてみたいと
思っている方も多いでしょう。そんななかで不安なのは、
「自分にできるのか?在宅ワークは向いているのだろうか?」
といった、いわゆる適性ではないでしょうか。
そこで今回は、どんな人が在宅ワークに向いているのか?をお教えします。

短期間に高額の収入を必要としていない

まず、在宅ワークの目的ですが、
短期間に高額の収入を必要としていない人に向いています。
在宅ワークは、慣れるまで量をこなせないこともしばしば。
最初は少額で不満に感じることもあるかもしれません。
しかし、慣れると収入が増えてくる仕事も多いです。
アフィリエイトなどの在宅ワークも、スタート時点では収入につながりません。
後々の努力次第で、収入が増えることが期待できる仕事です。
いきなり高収入ではなく、長期的に安定した収入を望む人に向いているのです。

根気強く飽きっぽくない

在宅ワークには多彩な仕事がありますが、
比較的単調な仕事が多いのも事実です。
データ入力や手作業の内職などはその代表。
パソコンに向かってコツコツとデータを入力したり、
手作業で袋詰めやあて名書きを大量にすることが多いのです。
そのため、飽きっぽくないことは重要です。
アフィリエイトなどの仕事も、ブログのマメな更新、
サイトの改良など、根気強さが必要です。

計画性がある

在宅ワークは、出勤してタイムカードを押せば
時給が発生するという仕事ではありません。
他の社員と一緒に仕事をするわけではないので、
やる気が湧かないけどとりあえず出勤…というわけにはいきません。
自分で仕事の時間と量を決め、
締め切りまでに確実に終わらせることが大切です。

もちろん、体調が悪かったり急用ができたり、
気乗りしなかったらその日はやらずに、
翌日にしても大丈夫なのが在宅ワークのよいところです。
自分のペースでやればよいのです。
ただし、納期を守ることは必須ですので、
自己管理ができ、計画性がある人に向いています。

ひとりでいることが苦痛ではない

在宅ワークは、自宅でひとりでする仕事です。
上司や仲間はいませんので、
ひとりで働くことが苦痛でない人に向いています。
逆に言えば、わずらわしい人間関係がないわけですから、
実は人と接することがあまり好きじゃないという人も大丈夫。
会社勤めとなると、複雑な人間関係に辟易とする事も多いものです。
自分のペースで仕事をすればよいので、
家でひとりで過ごすのが好きな人には向いているといえます。

どうでしょう?あなたは在宅ワークに向いていそうですか?