thumb1

音楽関係、ネット系、スポーツ、ものづくり… 楽しく続ける週末副業【アクティブ編】

週末副業1

体を使って楽しく働ける副業って?

今よりもう少し収入があったら・・・と副業を考えている人は多いと思います。
でも、いったいどんな副業があるのでしょうか?
どれを選べばいいのでしょうか?
収入が目的とはいえ、できるなら自分の好きなこと、
得意なことを仕事に活かせたらいいですよね。
そこで今回は、ジャンル別にどんな副業があるのか?をご紹介します。
あなたにぴったりの、楽しみながらできる副業がきっとみつかります。
まずは体力に自信のある方に、「アクティブ系」をご紹介。

レアですが、音楽系が楽しい!

そういつでも募集があるというわけではありませんが、
音楽好きで、なおかつ体力に自信のある人におすすめなのがライブスタッフです。
主な仕事は会場の案内、チケットの引き換え、物販、開場の設営や片付けなど。
場合によっては機材の搬入などを任される場合もあります。
なかなかハードな仕事ではありますが、好きなアーチストだったら
こんなにオイシイ副業はありませんし、報酬も悪く無いのが魅力です。

スポーツが得意な人はインストラクターや審判

スポーツが得意な人、経験がある人でしたら、
フィットネスジムやスポーツクラブのインストラクターは
いかがでしょう?ゴルフ、テニス、水泳、ヨガなど
さまざまなプログラムがスポーツクラブにはあり、
平日の夜遅い時間や休日なら
副業としてインストラクターになることも可能です。
得意なスポーツの経験を生かして、収入を得られるのはうれしいですね。

フィットネスジムには、インストラクターでなく、
受付や案内のスタッフの仕事もあります。特別な経験や技術はないけれど
スポーツにかかわる仕事がしたいという人はスタッフもよいかもしれません。
また、資格を取得して、スポーツの審判になるのはいかがでしょう?
フットサルなどの審判は、最近フットサルを楽しむ人も増えて、
ニーズが高まっています。選手と一緒に走り回らねばならないので、
かなりハードですがやりがいがあり、
好きならばこれ以上楽しい副業はないかもしれませんね。

スタンダードですが引越しスタッフ

引越しのアルバイトは、10代や20代の学生のアルバイトが多いと思われがちですが、
サラリーマンの副業としても注目されています。
土日や夜の勤務なら、サラリーマンでも働くことが可能です。
ただし、かなり体力を使う仕事ですので、
スタミナに自信がない人はやめておいたほうがいいでしょう。
土日などの丸1日の勤務ですと、1日で3軒の引越しをすることが通常です。
かなりハードな仕事になりますので、本業に支障が出ないよう、
曜日や時間を考えて働くとよいでしょう。慣れるまでは、無理は禁物です。